鍵トラブルでお困りなら出張修理を行う「カギのまかせなさい」まで

03-5727-3397

営業時間 10:00~20:00

美和ロックサービス代行店SD

CONTACTCONTACT


オートロックのメリット、利便性

トレンド
2021.12.14

賃貸物件で人気のオートロック。今後も広がる利便性。

オートロックが備わっている賃貸住宅は、人気が高く、入居を選ぶ際に重要視される設備の一つです。今回は、コロナ禍においてもニーズの高まりを見せている「オートロック」の利便性について考察してみたいと思います。

オートロックとは

一般的にマンション等の集合住宅における「オートロック」は、各住戸の玄関ドアとは別に、エントランスなど常時施錠された共用玄関ドアに設けられ、入退室後の施錠動作を自動で行う設備です。各住戸のインターホンシステム(集合玄関機)と、共通の電気錠システム(または自動ドア)で構成された「セキュリティシステム」の一つとして、高く評価されており、すでに導入されている物件も多く存在しています。入居者以外の不審者や勧誘などの一次シャットアウトを可能にし、片や宅配業者や必要な来訪者を通話・映像により確認できるなど、その機能は集合住宅にとっては、もはや必要不可欠といえます。昨今では「オートロックがなければ入居が決まらない」とまでいわれる人気設備になっています。
オートロック式とは、建物内に共用玄関のドアがあり、外からドアを開けるためには、鍵や暗証番号などを用いるか、居住者などに内側から鍵を解除してもらう必要があるものをいう

国土交通省住宅局『平成 25年 住生活総合調査結果』

オートロックの種類

オートロックの種類は、ドアの解錠方法でいくつかに分類されます。

集合キー式

基本的には、お部屋の玄関の鍵で共用玄関も解錠するタイプです。オートロックが普及した初期から採用されている方式で、最も普及している方式といえます。しかし、導入後10年~20年経過している物件では、経年劣化によって開閉がスムーズに行えないといった症状が出てくる場合もあります。そのため、取り換えを検討するケースが見受けられます。

暗証番号式

共用玄関にあるテンキーに暗証番号を入力して解錠するタイプです。集合キー式と同様、昔からあるタイプで、採用物件も少なくありません。鍵やカードを必要としないため、部屋に鍵を忘れたまま外出しても締め出し状態にならないというメリットや、お子さんのいるご家庭などには鍵を持たせたために起こるトラブルが減るなどの効果が期待できます。

ICカードキー・ICタグ式

ICチップを搭載したカードキーやICタグを専用リーダ部にかざす(非接触)ことで解錠を行う方式です。この方式のキーを所持し、共用のエントランスなどに設置されたリーダの前を通行するだけで解錠できるハンズフリータイプは、荷物が多い時でも快適に通行が可能です。また、鍵を鍵穴に差し込むキー式などと比べて摩耗などによる障害リスクが少なくなるメリットがあります。

オートロックの利便性

オートロックの利便性

コロナ禍、アフターコロナの状況において、オートロックはさらに注目されています。その理由は「非接触」です。感染症対策として、複数の人が触るところは消毒が必要ですが、非接触であればメンテナンスや感染リスクが軽減します。前述したICチップ内蔵のキーやカードを使ったタイプや、テンキーでも指を近づけるだけで反応するタイプもあります。

顔認証式は、顔や目で本人を特定し、ロックの解除を行います。高いセキュリティ性能を担保しつつ、キーレス化を実現した新しい認証タイプです。マスク着用時でも認証可能な製品も開発されており、高セキュリティ性と新型コロナ対策を両立する事が可能です。

非接触のタイプでも、スマートロックを活用したオートロックの場合、アプリや入居者が持つスマートフォンでの操作が可能なため、感染リスクが抑えられます。クラウドや管理システムを利用して集中管理ができるソフトと連動する場合、非対面での鍵の受け渡しも可能になります。鍵を無くすことがない上に、防犯対策としてイメージアップも期待できます。入居者が交替した場合の鍵の取り換え・交換もアプリ上で完結し、コスト削減にも役立ちます。

さらに、住戸玄関、エレベーター、宅配ボックスなど、同一キーで操作可能といった連動ができるのも入居者にとって便利な一面です。

安全安心、快適な暮らしを

安全安心、快適な暮らしを

オートロックの導入や最新機種へ交換することのメリットは、何といっても集客向上につながる点です。今やオートロックは多くの集合住宅に広まり、めずらしいものではなくなっています。しかし、今を意識した非接触タイプやスマートロックは、印象アップだけでなく、鍵の複製ができないことや、顔認証のような厳格な本人確認の仕組みなど、防犯性能も高く、オートロックを意識した入居者への高い訴求効果が見込まれます。
また、クラウドやパソコンソフトなどに利用者の履歴を残すことができるなど、入退室管理ができることも大きなメリットです。

物件により現況はさまざまです。詳しい内容、オートロックの導入や修理・交換については、専門家、専門の会社へ相談することお勧めします。私たちも鍵のプロとして最善のご提案をいたしますので、お気軽にご連絡ください。

※「錠」と「鍵」の表記について
錠前(錠・ロック・lock)は、扉などに取り付けて締める金属、機械的または電子的な部品をいいます。鍵(かぎ・キー・key)は、錠前を施錠・解錠する(操作する)ための器具をいいます。ここでは便宜上、日常的な会話に合わせて、鍵と錠前をまとめて「鍵(かぎ)」と記載している場合があります。